Entries

光信公の館 ~鰺ヶ沢にもあった!?都市伝説~

今回は、光信公の館(みつのぶこうのやかた)をご紹介します。
館全体
光信公の館の前庭には、約500本のボタンが植えられています。

ボタンの花言葉:高貴、壮麗、恥じらい、誠実

早い年には、今の時期既に蕾が赤く色付き、膨らんでいるのですが、
今年はこのとおり…
蕾
花が咲き始めるまで、まだ時間がかかりそうです。
タンポポはたくさん咲いているのですが
ボタン園
今年のボタン祭りは、5月28日(土)~6月12日(日)
祭り期間中は、光信公の館も休まず開館します。
ボタン園の入園の際に入館料をいただきますので、是非館内もご覧ください。

ちなみに、なぜボタンを植えているかというと、
ボタン(牡丹)は、津軽家の家紋なのです。
津軽家、と聞いてもピンとこない方のために、簡単にお話しましょう。

この館(やかた)があった場所には、元々「種里城」というお城が建っていました。
1491年、南部下久慈(岩手県久慈市)からこの地にやって来た光信公が建てたお城です。
その後、津軽統一を目指し、岩木山を越えて大浦(旧岩木町。現在の弘前市立津軽中学校の場所)に進出。
しかし、津軽統一の夢叶わぬまま、種里でお亡くなりになりました。

ですがその後、子孫たちが頑張りました!
子孫の大浦為信は、大浦城から堀越城(弘前市)へ移り、着々と治めていきました。
そして豊臣秀吉から認められ、「大浦」から「津軽」へ改姓しました。
これが「津軽氏」の始まりです。
弘前藩(通称:津軽藩)初代藩主となった津軽為信は、新たに城を築きます。
それがあの弘前城です!

弘前藩をさかのぼれば、鰺ヶ沢町種里に辿り着くんですね~
そのため、大浦光信公は、「津軽藩の始祖」と呼ばれています。
種里は、「津軽藩発祥の地」なんですよ。

さて。
長くなりましたが。
ここからが大事な所です

下の写真の光信公、何の方向を指しているかというと、
光信公の出身地、久慈の方向を指しています。
その久慈と種里を地図上で一直線に結ぶと…なんと
岩木山、大浦城跡、船越城跡、弘前城が、ほぼ直線上に並んでいるのです!!
光信公
大浦、船越、弘前城のある鷹岡の地から当時から崇拝されていた岩木山を拝むと、
同時に、光信公が眠る種里を拝むことにもなる
ため、
計算してそれぞれの城を居城にした、とも言われています。

偶然ではなく、計算されたものだったのか…
信じるか信じないかは、あなた次第です。

最後にコレ。
光信公の館へと続く急な坂道を登る際には、是非ご利用ください。
杖

光信公の館
住所:鰺ヶ沢町大字種里町字大柳90番地
電話:0173-79-2535
開館期間:5月1日~10月31日の金・土・日曜日
     ※ただし、ボタン祭り期間中は無休
開館時間:9:00~17:00(9・10月は16:30まで)
入場料:大人/300円  高校生/220円
    小・中学生/150円(※毎週土曜日、町内の小・中学生は無料です)


【あ】
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

見てくださった方々

是非鰺ヶ沢にお越しください!

プロフィール

あじ行く?スタッフ

Author:あじ行く?スタッフ
鰺ヶ沢の美味しい・楽しいをたくさん発信!

スタッフのつぶやき

Twitterでフォローする

aji_ikuをフォローしましょう